デトックス中の過ごし方

デトックス中の過ごし方

年末年始などの長期のお休みを利用して、1日デトックスをすることをおすすめしましたが、実際にやってみるといろいろな誘惑に負けてしまう場合が多いので、注意が必要です。
たとえば、空腹感に耐えられず、ついお菓子を食べてしまったとか、ジュースの味に飲み飽きて、つい炭酸飲料に手が伸びてしまったとか。
他にも、突然食事のお誘いがきて断れなかったなど。
最初は誰でも上手くいかないのが当然ですし、無理をすることはないと思います。
精神的にも休息をとるのが、デトックスの目的でもあるのですから、絶対にやり遂げなければなどと、ストレスを感じては逆効果です。
ジュースの味も、何度も試行錯誤して考えだしたものです。
美味しいと感じなければ、1日中同じものを飲めませんよね。
栄養素にこだわり過ぎるより、自分が食べたいと思う野菜や果物を選んで、楽しみながらジュース作りをすることをおすすめします。
いろいろと失敗や挫折に悩みながらも、辞めてしまわずに続けることが大切です。
私の場合、デトックスをする時に、持病のせいで挫折感を感じることが多かったです。
特に、病院で処方された薬に関して、かなり悩まされましたね。
もともとは、アトピー性皮膚炎の治療薬であるステロイド剤を体内から排出しやすくなるようにと、デトックスを始めたのですが、デトックス中は、基本的に薬類は飲まないほうが良いということで苦労しました。
薬を飲まないと、かゆい症状が我慢できなくて、肌を掻いてしまうのです。
しばらくは我慢できても、数時間したらイライラして、結局は薬を飲んでいました。
それが原因でストレスを感じ、デトックス自体を辞めようと思ったこともありますが、辛かったのは最初の数回だけでした。
何度も挫折感を味わいながらも、辞めずに続けた結果、5回目には、内臓が少し元気になってきたのか、薬を飲まなくても、肌がかゆくならずに、ジュースだけで過ごせるようになりました。
先ほども言いましたが、やはり内臓はお肌の鏡という言葉は真実だと痛感しました。
肌荒れやひどい皮膚炎などは、どこかしら不健康になっているという体内からのサインです。
このサインを見逃さずにケアすることが、結果的に美肌へつながるのだと思います。

野球ゲーム

ダイエットサプリ

シマックス

ページ一覧

  • TOP
  • おこもりデトックスのあとは栄養補給
  • きれいなお肌を保つこつ